掲示板(医療従事者専用) < Japanese only >

1999.07.01〜1999.07.09
Read Only.


プロドクデモ版一日目の感想 投稿者:福井俊彦  投稿日:07月09日(金)00時41分47秒
大竹先生、こんにちわ。  ぷろどくデモ版、インストールしました。 できれば電子カルテ、レセプト作成はこういった完結したシステムにしたいところです。 まだ始まったばかりのことで本格的に競争になるのは秋以降で、実際診療所 レベルで導入が盛んになるのは2,3年かかるでしょうね。   レセコンとしてはやはり、専用機がよくできてます。入力が左手だけでできる とか、マウスなしでいけるとかいうことが受け付けでは重要です。 自動計算部分やDOに関してもレセコン専用機の方がすぐれていると思いました。 このあたりは職員にまかせきりでも請求もれがでないようにするために重要です。 電子カルテ部分もレセコン機能と連携ということを考えても、今のところ 実用性に難があるように思いました。   また自動入力をする時間がかかるのは、やはりベースになるプログラム言語などの 問題もあるんでしょう。アクセスで開発されているということで専用機よりかなり遅い ように思いました。  電子カルテ部分は医者によって効率のよいインターフェースに好みがかなり わかれると思いますのでレセコン部分よりやっかいです。   今日つかってみた感じでは、電子カルテ導入は機が熟するまで待つ 方が得策かと思いました。  また、この程度の電子カルテであれば、レセコンからデータを取り込むように すれば、自作でも電子カルテを作れそうな印象を受けました。 (ただし電子カルテからレセコンデータへの反映までは難しそうですし、新患の場合に どのようにスタンドアローンのレセコンからデータを取り込むかという問題がありますが、 最悪IPmessengerに患者名をコピーペーストして受け付けから診察室へ送信してもらう 方法でなんとかいけそうです。)  その場合、医師はパソコン上でカルテを管理して、診察毎指示をプリントアウトし、会計にまわす という形式になりそうですが、日ごろの手書きカルテ程度の労力ですみそうなので、医師は 楽だと思います。   まだ一日さわっただけなので、誤解もあるでしょうし、もう少し使い込んでみようと思います。

処方カルテ(電子カルテ)公開! 投稿者:福井俊彦  投稿日:07月08日(木)11時18分15秒
大竹先生、諸先生方こんにちわ。 マック上で動くファイルメーカの処方カルテ作りました。マック版ですがナレーションが 入って説明してくれます。(^^;結構遊べると思いますのでマックの方はどうぞ! ところでデモ版ぷろどく(\5000)が届いたのでさっそくvaioで使ってみようと思います。

http://fukui-med.com/


プロドクデモ版 投稿者:申 曽洙  投稿日:07月05日(月)20時29分31秒
私の誤解でしたか、プロドクレセコンOKなんですね。 であれば、まずはレセコン機+処方箋発行兼処方箋デ−タベ−スとしての使い勝手で 選定中ですから、プロドクデモ版を依頼してみます。

RE:データの容量 投稿者:大竹 邦夫  投稿日:07月04日(日)01時27分39秒
福井先生:こんばんは  データファイルの大きさについては私は全然心配してません。  画像ファイルは含まれてませんので、大した量ではないです。  大竹内科は開設して2年9ヶ月ですが、現在データ、サポート、マスターの3ファイルで50 MB弱です。最適化すると40MB弱になります。これをLZHで圧縮すると1/3くらいになり ます。従ってこのまま患者数が増えて来ても、230MBあれば15年分くらい持つでしょう。 先生のように若くて元気な流行医なら230MBで10年くらいでしょうか。  私は640MBのMOを使ってデータ以外に通信で取り込んだ検査データなどを生でバックアップ しています(毎日)。外部記憶装置の進歩の方がデータの増えるよりも速いと思いますので、将 来については全く不安はないと思います。  データが増えてくるとややカルテの起動時間が遅くなりますが、それもCPUの進歩の方が速い ので心配ありません(きっぱり)。  では、また

プロドクデモ版を依頼してます。 投稿者:福井俊彦  投稿日:07月03日(土)19時25分46秒
大竹先生、こんにちわ。リンク、かきこ、どうもありがとうございました。 先日、のーばにファックスしてデモ版送ってもらうことになりました。 一応、井原先生にも質問したことなんですが、答えがすこしはずれてたので できれば、先生に教えていただきたいんですけれど、データがどんどん増えて 来た場合にたとえば230MのMOで日々バックアップしている場合、データが大きくなれば バックアップできなくなるような心配はありませんか?

誤解? 【補足】プロドクレセコン? 投稿者:大竹 邦夫  投稿日:07月03日(土)14時43分12秒
申 曽洙先生:こんにちは >ただ、紙のカルテとの併用は、Q&Aで否定的だったので  これは、まったくの誤解です。普通のレセコン機としても十分に機能しますので、紙カルテを 使いながらプロドクを窓口計算〜レセプト作成だけに使うことは可能です。 Q&Aにもそうかいてあるはずです。ただ、カルテとして使わないのはもったいないとつけ足し があるので、誤解したんでしょうね。  ノーバメディコの井原先生に成り代わりまして(笑)お答えしました。

プロドクのホ−ムペ−ジ 投稿者:申 曽洙  投稿日:07月02日(金)23時22分45秒
プロドクのホ−ムペ−ジ、見てきました。 85万で、毎月の課金はなし、というスタイルで、かなり完成されたもの、という印象です。 ただ、紙のカルテとの併用は、Q&Aで否定的だったので、私以外にもパソコンやらない医師も カルテを一緒に使う当院では、苦しいかな。 可能性あったら、これもデモCD、頼んでみようかな、とも。

RE:油井ドクソフ 投稿者:大竹 邦夫  投稿日:07月02日(金)22時20分57秒
申 曽洙先生:こんばんは  油井のドクターソフトもユーザからの評判はいいようです。  しかし、100分もかかってダウンしましたね。INS1500が安くなればいいのにね。 >可能なら電子カルテ、という使い方、やってみたいもんです。  最初はレセプト、会計と処方箋だけからはじめて、徐々に診療内容の入力に使っていけば いいですね。電子カルテなんて言葉を使わないで、単に診療補助の電子メモでいいんですよ。 いわゆる(厚生省なんかのいう)「電子カルテ」はペーパーレスのことらしいが、現行法の ままでカルテを毎回ワープロで書いて打ち出せばいいんだし、それを電子保存出来れば、いずれは 綜合診療情報システムに育っていきます。  では、色々研究してみて、それらの印象などレポートして下さい

re:FUKU-MEDI.COM 投稿者:大竹 邦夫  投稿日:07月02日(金)22時19分54秒
福井先生:こんばんは  来年の3月までまだまだ時間があるので、色々検討して将来にくいのない買い物をして下さい。  さて、お知らせのFUKUI-MED.COM拝見して来ましたよ。 ありゃ、かっこいいねぇ・・・めちゃかっこえぇわ  あれ見たら、私でも受診しようかなと思いました(笑)。  それに比べて、このホームページは子供の夏休みの宿題のまんまや。あほらしなってきた。  ほな、また

ドクタ−ソフト 投稿者:申 曽洙  投稿日:07月02日(金)17時30分42秒
ドクタ−ソフトがDLできました。 1回中断して、そのせいか2回目その続きでミスして、フォルダ−消して3回目にDL成功。 マニュアル入れるとDLに100分くらいは、かかりました。 どう使うのか、まだピンと来ません。 とにかく、最低、処方箋はコンピュ−タでやって、そのままレセコンというスタイルを 考えています。 可能なら電子カルテ、という使い方、やってみたいもんです。 デ−タの出入りについて聞いたら、油井さんからメ−ルで、以下の返事でした。 ><DRSのデータのインポート/エクスポート> > >DRSにより記録保存されるデータはすべて、DRSの外部に取り出すことができます。ま >た、DRSの外側からDRSのDBに対してデータを記録することもできるように作られてい >ます。 > >ただし、外部からDRSに書きこむ(インポートと呼ぶ)場合には、データの種類に >よってはキーの変換が必要となる場合があります。たとえば、使用した薬剤をDRSの >DBに書きこむには、DRS内部で使われているキーを添付してインポートしなければな >りません。キーがないとDRS中ではどの薬剤なのか判別ができないからです。 > >このような場合は、DRS以外のシステムでDRSと共通のキーを持っていただくような対 >処が必要となります。 > >具体的にインポートするデータがわかりましたらお知らせください。できるだけご希 >望に添うようにサポートします。また、DRSホームページ >(http://yuiconsulting.com )のニュースリリースにて、「DRSのデータを取り出す >8つの方法」という書きこみがありますので、参考にしてください。 それと、神戸のユーザーを紹介してくれたので、一度、使ってるところ、見に行こうと 思っています。

乗り換えだから迷いが倍増 投稿者:福井俊彦  投稿日:07月01日(木)11時33分05秒
笠井先生、大竹先生こんにちわ。 >笠井先生 ほんとうに、最後はえいや!しかないと思っております。私の場合は来年の3月まで時間があるので 徹底的にいろいろ試してやろうと思ってるんですが、今年は需要も高いので各社とも忙しそうですね。 一般市場では文句無しにふじつーが勝利しそうな予感があります。はいりやすく、足が洗いにくい世界 でこわいですが。 >大竹先生 昨夜はプロドクのQ&Aを精読いたしました。各社とも1-2マン/月の保守料をとる傾向のなかで コストが非常にやすいですね。DOS/V機つき税制対策プロドクが限定販売であるらしいですが、 なんと税込み100万以下におさえてあります。このくらいになると衝動買いしちゃいそうです。 しかし我々は乗り換え組なのでデータの取り込みのことや基金へのマスター提出などの最初の ごたごたがあるので頭がいたいです。御意見はすべて同感ですが。 ま、先生のおっしゃるように、選定をエンジョイしている面もあってWindowsの勉強はすこし進み ましたよ。 P.S. FUKUI-MED.COM メジャー化作戦をぼちぼちやっております。どうぞよろしく。

http://fukui-med.com/


Back