大竹 内科


since Sep.16, 1998

いらっしゃいませ。 あなたは 番目の訪問者です。
本日 counter_today 人目 昨日 counter_yes

ご来訪の時刻はdate time です。

Valid HTML 4.01 Transitional

BGM

BGM は 作詞作曲 トラディショナル, 編曲・演奏 ELIXIR 「ダニーボーイ」
無断転載禁止

1996. 9.20. 大竹内科 開設

1998. 9.16.ホームページ開設



2014年 6月末日をもって、大竹内科を閉院しました。

これまで、お世話になった皆さんに感謝します。



地図

外観

内部

〒651-2113 神戸市西区伊川谷町有瀬251−4

TEL: 078-978-2306 

FAX: 078-978-2307 

標榜科目:内科(綜合内科)    

院長: 大竹 邦夫内科学会認定医,糖尿病学会認定医,東洋医学会専門医)
Profile




お問い合わせ

お知らせコーナー:

期間限定の News




・診療の理念




●総合的な医療:


 私たちは人間の身体を単なる部品(臓器、組織、細胞)の寄せ集めとは決して考えません。したがって、疾病というものを単なる個別臓器の疾患とはとらえず、人間全体のシステムの乱れと考えて診療をしたいと願っています。






●最適な医療:


 現在、無駄な医療費の使い方が問題になっていますが、それらは、重大な疾病の見落としや早期発見の遅れ、初期治療の不適切さなどによるものが多くを占めていると考えられます。漫然とした検査や目的意識の欠けた治療は無駄であるというよりよりも、重大な疾病の見落としや取り返しのつかない増悪を招くことにもつながると考えられます。
したがって、私たちは細心の心配りで、各人に取っての最適な医療を、患者さんのために行いたいと願っています。
そのために、私たちは大竹内科で出来る限りのことをします。
また必要なら、その患者さんにとって最適な医療機関に速やかに紹介します。




●診療情報の
    永久保存:


 総合的で最適な医療を行うためには、医師の技術、総合的判断力、経験、洞察力や看護婦の思いやりに裏打ちされた経験など多くの条件が必要ですが、それに加えて、患者さんの経過や検査結果など膨大できめ細かな医療情報の蓄積が必要です。またそれらの重要なデータは単なる蓄積では意味がなく、いつでもすぐに取り出していろんな角度から有機的に活用できるように整備をしておかねばなりません。
そのために私たちは最先端のコンピュータシステムを用いています。これによって、患者さんの経過やデータは、いくら以前のものでも必要なときに瞬時に取り出せるので、最適な医療のために大いに役立っています。


壁紙デザイン:KERUPA
医療従事者の部屋
update Nov.07.1999
リンク
update Jun.28.2000
医師、看護婦、技師、薬剤師
など医療従事者のための部屋
医療機関・医療関連への
リンク集